このページの本文へ

booked.net

ROOM 203IT移住の部屋

コワーキングスペースなど時代の変化に柔軟に対応する

時代の変化と共に、働く環境や働き方そのものも変化をしています。
これからの時代に合った移住スタイルに適応をするべく、倉敷市も日々変化を柔軟に受け止め、ひとりひとりのニーズに合った移住ができるように努めています。
お試し住宅やコワーキングスペースで働きながら今の自分ペースに合った移住体験をしてみるのもおすすめです。
普段の生活に瀬戸内の穏やかな波の音、風に揺れる豊かな自然を加えてみてはいかがでしょうか?

支援情報

SUPPORT

倉敷市移住支援金

東京圏から倉敷市内へ移住・定住し、かつ、岡山県が行う就労のマッチングサイトに移住支援金の対象として掲載する求人に就業した方、国・県の専門人材に関する事業により就業した方、テレワークにより移住した方、起業支援の交付決定を受けた方に、最大100万円の移住支援金を交付します。

●交付額

単身世帯での移住の場合 60万円
2人以上の世帯での移住の場合 100万円

テレワーク移住支援補助金

県外から倉敷市内へ転入し、テレワークにより引き続き転入前の業務を継続する方を対象に、
引越し費用や住宅に係る費用・テレワーク環境整備にかかる費用を一部補助します。

●交付額

単身世帯での移住の場合 上限20万円
2人以上の世帯での移住の場合 30万円

オフィス開設等奨励金

情報通信事業者等のオフィス開設や、レンタルオフィス等の利用に奨励金を交付します。

●交付額

30〜120万円

倉敷市移住等希望者支援 交通費補助金

東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)・大阪圏(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県)に在住で、倉敷市へ移住を希望するが、倉敷市内で「採用面接」や「住居探し」の移住活動を行う場合に必要な交通費の一部を補助します。

●交付額

東京圏在住の場合 上限16,000円
大阪圏在住の場合 上限6,000円

移住相談窓口

倉敷市窓口

●倉敷市くらしき移住定住推進室

TEL:086-426-3153

●くらしき移住就労サポートデスク

TEL:0120-109-649
岡山県窓口

●東京移住相談窓口
ふるさと回帰支援センター

TEL:090-6344-1948(岡山県担当直通)

●大阪移住相談窓口
大阪ふるさと暮らし情報センター

TEL:090-6344-1965(岡山県担当直通)

ワーケーションスポット紹介

SPOTS

ワーケーションスポットなどのおすすめスポット情報です。

  • クリップ

    宿泊OK

    土日OK

    お試し住宅

    新倉敷周辺

    [Google map]

    要予約

    有料利用/駐車場有/Wi-Fi/飲食OK/電源あり/貸出備品あり/喫煙所有

  • クリップ

    土日OK

    Co-Creation倉敷児島

    児島エリア

    [Google map]

    要予約

    有料利用/駐車場有/Wi-Fi/飲食OK/電源あり/貸出備品あり/フリードリンク/コピー機/駅チカ

  • クリップ

    宿泊OK

    土日OK

    無料スペースあり

    あちてらすぽっと

    倉敷駅近

    [Google map]

    無料利用/有料駐車場/Wi-Fi/電源あり/貸出備品あり/駅チカ

  • クリップ

    土日OK

    コワーキングスペース斎館

    倉敷駅近

    [Google map]

    要予約

    美しい景観、小型3Dプリンタ等の貸出サービスあり 

    有料利用/有料駐車場/Wi-Fi/飲食OK/電源あり/貸出備品あり/フリードリンク/駅チカ

  • クリップ

    宿泊OK

    土日OK

    吉井旅館

    倉敷駅近

    [Google map]

    要予約

    有料利用/駐車場有/Wi-Fi/飲食OK/電源あり/貸出備品あり/駅チカ

移住者インタビュー

INTERVIEW

IT ROOM

井上 大輔さん

岡山市出身、IT関連職に就き、東京都内で7年程働いたのちフルリモートによる「転職しない移住」として、居住経験のあった倉敷市へJターン。現在は勤務先が変わったものの、引き続きフルリモートでの就業を続けている。仕事の効率化等の為、市内にある古民家を改修したコワーキングスペースも活用。時には気分を変えてドライブ&河川敷に停めてそのまま車内で働くことも。

●移住のきっかけは?

「いつかは岡山に戻りたい」とは考えていました。ライフステージの変化をきっかけに移住を具体的に考え転職も覚悟しましたが、ありがたいことに当時の勤務先からフルリモートでの勤務継続を打診して貰えました。現在は勤務先も変わりましたが、海外本社ということもあってリモートワークがデフォルトの考え方なので、引き続きフルリモート勤務を続けられています。

●移住後、変わったことは?

一番の変化は子どもが生まれたことです。自宅に仕事部屋があるので、微力ながら子育てのフォローもできているかなと思います。東京での暮らしを続けていれば、自分としては家を建てるという発想はなかったでしょうね。ただずっと家にいることは多少なりとも家族の負担にもなるような気もして、コワーキングスペース斎館を適宜利用させてもらっています。オーナーご夫婦もとてもよくしてくださって助かっています。職種柄、仕事を変えずに移住の選択肢があったので、もし自分と同じような環境の方がいればおすすめしたいです。

募集中のイベント

EVENTS

現在募集中のイベントはありません

PAGE TOP